恋も仕事も車でめぐる

家族の協力を得て自分で染める方法

2018年5月18日(金曜日) テーマ:

家庭で白髪染めをするときには、準備が大事です。もちろん自分自身ですべて染めることができる人は、そんなに準備が必要ないかも、ですけど、家族の協力を得て行う場合には、十分な根回しと準備をしておくことが必要です。  まず、家族との日程調整をします。いつならば、染めてもらう時間を確保することができるか、です。そのうえで、家族が扱いやすい白髪染めを購入しておきます。  当日は、まず部屋を暖めます。もちろん、季節によりますが。家族がテレビを見ながらでも手を動かすことができるリビングで染めることが多いので、リビングを暖めます。リビングでは床に新聞を引き、前開きの洋服に着替え、襟元を大きくあけて、ケープをまきます。リビングを暖める理由は、できるだけ洋服を汚染しないように、薄着になっている自分のために、です。そのうえで、まずはブラッシングをしておきます。これで、髪の毛に薬液をつけて伸ばすとき、私自身も痛くなくなり、染める側も操作が容易になるからです。そして、首回りや顔回りにクリームを塗って、準備をしたところで家族に染め始めてもらいます。染め終わると、リビングにいるとテレビを見ることができるので、所定の時間が経過するまでひたすらリビングで過ごします。時間が経過したら、お風呂に入って髪の毛を洗っておわり、です。この時、一緒に少し高価なトリートメントをしておくとしっとりします。 洗ったときに気を付けないといけないのは、浴室の掃除です。湯上りにすぐに入念に流しておかないと、思わぬところに染めたあとが残っていることがありますから。また、髪の毛をドライするためのタオルも色の濃いものを準備しておきます。入念に洗ったようでも残っていることもありますから。その後、髪の毛を乾かして、家族に念入りにお礼を言ったらおわりです。

サンカラーマックスの評判・口コミ!効果、副作用、成分は?